Windows Subsystem for Linux をインストールする (Windows 10にBashを導入する)

このページのタグ:[Windows] [Windows 10]
Windows Subsystem for Linux をインストールする手順を紹介します。

概要

Windows 10 version 1607 から Windows 10にLinux(Ubuntu)をインストールでき、Bashが利用できるようになりました。この記事では、Windows 10にLinux をインストールする手順を紹介します。

事前準備

Winodwsを開発者モードに変更します。開発者モードへの変更手順は「Windows 10 で開発者モードにする」の記事を参照してください。

インストール手順

コントロールパネルを表示します。[プログラム]の項目をクリックします。


[プログラム]の画面が表示されます。[Windows の機能の有効化または無効化]のリンクをクリックします。


下図の[Windows の機能]ダイアログが表示されます。


下にスクロールすると、項目に[Windows Subsystem for Linux]の項目があります。


[Windows Subsystem for Linux]の項目にチェックをします。チェック後ダイアログの[OK]ボタンをクリックします。


機能のインストールが始まります。


インストールが完了すると下図の画面が表示されます。[今すぐ再起動]ボタンをクリックしてマシンを再起動します。

Ubuntuのインストール

マシン再起動後、コマンドプロンプトを開きます。


コマンドプロンプトで "bash"コマンドを実行します。


初回実行時には下図のUbuntuがインストールされる旨のメッセージが表示されます。"y"キーを押してインストールを続行します。


インストールが実行されます。ダウンロードが始まります。


ダウンロード後にインストール処理が実行されます。


インストールが完了すると、最初のUNIXユーザー名を設定します。作成したUNIXユーザー名を入力します。


作成したUNIXユーザーのパスワードを設定します。


パスワードを再入力します。


インストールが完了すると下図の画面となります。

動作確認

コマンドプロンプトで bash コマンドを実行し、bashシェルに切り替えます。
ルートディレクトリでlsコマンドを実行したときの結果です。


"CD ~" コマンドを実行した結果です。一般的なUNIXと同様に /home/(ユーザー名) のディレクトリがホームディレクトリになります。


PCのディスクは "/mnt/c" にCドライブがマウントされています。"ls /mnt/c" を実行した結果が下図です。


プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)