「ファイル名を指定して実行」 ダイアログのショートカットをタスクバーやスタートメニューに作成する

このページのタグ:[Windows] [Windows 10]
「ファイル名を指定して実行」 ダイアログを表示するショートカットの作成手順を紹介します。

手順

Windows 10では、スタートボタンの右隣のテキストボックスにコマンドを入力すれば、コマンドが実行できるため、通常は「ファイル名を指定して実行」 ダイアログは利用しなくてもよいのですが、参照ボタンなどを利用したい場合に、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを表示するショートカットの配置方法を紹介します。


スタートボタンの右側のテキストボックスに「ファイル名を指定」と入力すると、検索結果に「ファイル名を指定して実行」 のデスクトップアプリが表示されます。


右クリックするとポップアップメニューが表示されます。[スタート画面にピン留めする]、[タスクバーにピン留め]を選択すると、ショートカットをスタート画面やタスクバーに設置できます。


下図はタスクバーにピン留めした状態です。(左から3つ目のプログラムアイコンです。)


タスクバーのボタンをクリックすると、「ファイル名を指定して実行」 ダイアログが表示できます。


また、ショートカットは、[すべてのプログラム]の[Windows システムツール]内にも配置されています。




すべてのプログラムのショートカットを右クリックして表示されるポップアップメニューからも[スタート画面にピン留めする]、[タスクバーにピン留め]が選択できます。


スタート画面にピン留めした場合は、下図の表示となります。


プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)