Windowsサーバーに Redmineをインストールする (webrick利用)

このページのタグ:[Ruby] [Redmine]
RedmineをWindowsサーバーにインストールします。今回はWebサーバーにWebrickを用いているため本格的な運用には向きません。(しかもWindowsで動作させた場合、やたらと動作が重いです。いろいろ試してみた結果Windowsサーバー上で動作させたいならば、Hyper-V + LinuxIC2.1 + CentOS(Linux) + Apache + Passenger(mod_rails for Apache)の組み合わせで動かしたほうが動作も速度も良好のような気がします。)

LinuxサーバーにRedmineをインストールしApacheのPassengerを用いて動作させる方法はこちらの記事で紹介しています。

Rubyのインストール

Rubyをインストールします。今回インストールしたRubyはRuby Installer 1.8.7です。(rubyinstaller-1.8.7-p302.exe)

Rubyをインストール後Railsをインストールします。
gem install rails -v=2.3.5

Rackをインストールします。
gem install rack -v=1.0.1

mySQLの接続ライブラリもインストールします。
gem install mysql



libmySQL.dllはMySQLに付属のものではなく以下を利用します。=
http://instantrails.rubyforge.org/svn/trunk/InstantRails-win/InstantRails/mysql/bin/libmySQL.dll
上記URLからダウンロードしたlibmySQL.dllをrubyのbinディレクトリにコピーします。

データベースとユーザーの作成

mySQLのコマンドラインに以下のコマンドを入力してデータベースとユーザーを作成します。

create database redmine character set utf8;
create user 'redmine'@'localhost' identified by '123456';
grant all privileges on redmine.* to 'redmine'@'localhost';

config/database.yml の編集

config/database.yml.example をコピーし、config/database.yml にリネームします。 database.ymlのproduction:セクションを修正します

production:
  adapter: mysql
  database: redmine
  host: localhost
  username: redmine
  password: 123456

セッションストア秘密鍵の作成

以下のコマンドをコマンドプロンプトに入力し、セッションストア秘密鍵を作成します。
cd c:\redmine104
rake generate_session_store

データベーステーブルの作成

以下のコマンドをコマンドプロンプトに入力し、データベースのテーブルを作成します。
cd c:\redmine104
rake db:migrate RAILS_ENV=production

デフォルトデータの読み込み

以下のコマンドをコマンドプロンプトに入力し、デフォルトのデータを読み込みます。
cd c:\redmine104
rake redmine:load_default_data RAILS_ENV=production

Webrick Webサーバーの起動

以下のコマンドをコマンドプロンプトに入力し、Webrick webサーバーを起動します。
ruby script\server webrick -e production

接続

Webrick Webサーバーはデフォルトはポート3000で起動します。
http://localhost:3000/
にアクセスします。

登録日 :2010-12-13    最終更新日 :2011-01-04
このページのタグ:[Ruby] [Redmine]
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)