0で除算した場合に #DIV/0! がセルに表示されるのを防ぐ

このページのタグ:[Microsoft Office] [Excel]
Excelで0で除算した場合に #DIV/0! がセルに表示されるのを防ぐ方法を紹介します。

概要

Excelでは0で除算されると "#DIV/0!" がセルに表示されます。この値をセルに出したくないことがあります。セルに#DIV/0!を表示させないためには IF文と ISERROR関数を利用します。

例1 A1の値をA2で割り、#DIV/0!ならばセルには空白を表示させる数式の例

=IF(ISERROR(A1/B1),"",A1/B1)
動作の概要
A1セルをB1セルで割った値が #DIV/0! であれば、ISERROR関数はエラー判定によりtrueを返します。trueの場合はIF関数の2番目の値が返るため、セルには空白の文字列が表示されます。A1セルをB1セルで割った値が数値であれば、ISERROR関数はfalseを返し、IF関数の3番目の値、すなわちA1セルをB1セルで割った値がセルに表示されます。
表示結果



プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)