上半身の描き方 - 体の描き方 (漫画・イラスト用の簡単な描画方法)
このページのタグ:[デザイン] [イラスト・漫画]
イラストや漫画用の"そらで描く"簡単な上半身の体の書き方の紹介記事です。写実の正確さよりもそれっぽく見えるものを手早く書く方法です。

正面の描き方

顔と体(上半身)と首のあたりを書きます。体は長方形であたりを取ります。顔と体の幅は同じ程度の幅にしました。


体に腕を書き足します。腕は長方形の外側に書き足します。また、胸から腰にかけてのラインを書きます。このラインは体の長方形より狭くなります。逆に腰は体の長方形より太くなるので腰の手前(長方形の下端)で幅を広げます


体のラインに合わせて服のラインを書きます。


輪郭を取り出して完成です。腕は体(胸)より後ろにあるので、腕より胸の線が手前に来ます。


正面斜めの描き方

正面斜めからの書き方です。
下図のような立体であたりを取ります。つぶした6角形柱の形です。


体の側面に腕を書き足します。腕の内側の線は体の胸の部分につながるイメージで描きます。


体のラインに合わせて服のラインを書きます。


輪郭を取り出して完成です。


男性の場合は?

男性の場合は胸の突出しを抑えます。また、腰の幅を狭くしすぎないようにします。

下図程度のあたりにします。


腕を書き足します。肩幅も広めにします。


体のラインに合わせて服を書きます。


輪郭を取り出して完成です。


背面の描き方

背面を書きます。
頭と体のあたりを取ります。体は長方形であたりを取りました。体の幅は頭の幅と同じにしました。


体に腕を書き足します。腕は体の長方形より外側に書き足します。胸から腰までのラインを書きます。このラインは体の長方形より内側に書きます。胸の裏側の背中部分は肩の先端に向かって外に広がるように書きます。(下図の点線部分)


体の線に合わせて服のラインを書きます。


輪郭を取り出して完成です。腕より背中のほうが手前にあるので、腕の線より背中側の線が手前に来ます。


側面の描き方

横向きの書き方です。

頭と首と体のあたりを取ります。体は下図のようなつぶれた6角形のあたりを取ります。


腕を書き足します。腕は体の6角形の右側の辺に添わせる位置に書きます。体の背中側(首よりちょっと後ろ)に腕を書き足したほうが自然になります。


体に合わせて服のラインを書きます。


輪郭を取り出して完成です。


デフォルメはどうするの?

デフォルメの場合も上記と同じ手順で書けます。ポイントはあたりを取るときに上半身の大きさをどの程度にするかでデフォルメのバランスが変わります。

頭と上半身のあたりを取ります。今回は上半身の幅を頭の幅の75%程度にしてみました。


腕を書きます。胴体の幅が狭く小さいのでそれに合わせて腕も細くなります。ただし手は腕の太さに合わせず、大きめにします。とりあえず目と口も書いておきました。


体のラインに合わせて服を書きます。


輪郭を取り出して完成です。

登録日 :2011-07-17    最終更新日 :2014-01-20
このページのタグ:[デザイン] [イラスト・漫画]
このエントリーをはてなブックマークに追加
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd.