目の描き方 (漫画・イラスト用の簡単な描画方法)
このページのタグ:[デザイン] [イラスト・漫画]
イラストや漫画用の"そらで描く"目の書き方(目の描き方)の紹介記事です。写実の正確さよりもそれっぽく見えるものを手早く簡単に書く方法です。このページは目の全体の書き方のページです。瞳の描き方はこちらのページで紹介しています。

基本

目の基本の描き方です。上瞼が下瞼より上になるように描くとそれらしく見えます。二重の場合は上まつ毛の上に線を入れます。


先の記事で紹介した頭部の"あたり"です。ここに目を書き込みます。


あたりの目の位置に目の基本形を書いてみます。


輪郭を取り出して完成です。


デフォルメはどうするの

先の描き方で完成しましたが、漫画やイラストの絵を描きたい方の多くは先のリアルで"けばい"目でなく、下図のようなかわいい目を描きたいと思われますので、以降はデフォルメについて紹介します。

(まどか☆マギカのほむらちゃん)

目のデフォルメは基本形から、余分な線を減らしてデフォルメします。基本形から下図の赤線部分を取り出してシンプルな形にします。そこから縦の長さを大きくしたり、横幅を短くしたり、線を太くするなどしてデフォルメします。


取り出す線や、目の大きさやまつ毛の描き方、縦幅、横幅を変えていろいろなデフォルメができます。


正面から見た場合のデフォルメ目の描き方

正面から見た場合の目のデフォルメのしかたです。下瞼の線やまつ毛を省略してシンプルにします。目の描き方は流行に左右されやすいので、人気のある絵やアニメを参考にしてデフォルメするのが良いと思われます。


側面から見た場合のデフォルメ目の描き方

側面から見た場合の目のデフォルメのしかたです。正面から見た場合よりも瞳が縦長になるイメージで省略します。


角度のついた側面から見た場合のデフォルメ目の描き方

側面から見た場合の目のデフォルメのしかたです。正面から見たデフォルメと基本は同じです。


正面の例

頭部のあたりを取ります。頭部のあたりの書き方はこちらの記事で紹介しています。


あたりの目の位置にデフォルメした目を書きます。


輪郭を取り出して完成です。


側面の例

頭部のあたりを取ります。頭部のあたりの書き方はこちらの記事で紹介しています。


目の位置に目を書きます。瞳を縦長にします。横顔の場合、本来は瞳は見えないことが多いのですが、漫画絵なので瞳を書いてしまいます。


輪郭を取り出して完成です。


角度のついた正面の場合

頭部のあたりを取ります。頭部のあたりの書き方はこちらの記事で紹介しています。


目の位置に目を書きます。奥の目は横幅を小さくします。角度がつくため横幅が短くなる意味を持つデフォルメです。(鼻に隠れて目が一部見えなくなる意味も含んでいます)


輪郭を取り出して完成です。


視点の位置と目の位置

視点の位置により、頭部のあたりの目の位置が変わります。この節では始点の位置と目の位置について紹介します。

視点が対象キャラクターの目の位置より上方にある場合

視点が描くキャラクターの目の位置より上にある場合です。この場合は、奥の目が手前の目よりも上になります。視点の水平線に近くなります。


顔が左を向いている場合は目と目をつなぐ線は右下がりになります。(顔が左を向いている場合は左下がりになります。)


視点がキャラクターの目の位置より下方にある場合

視点が描くキャラクターの目の位置より下にある場合です。この場合は奥の目が手前の目よりも下になります。遠い側の目は始点の水平線に近い位置になります。


顔が左を向いている場合は目と目をつなぐ線は右上がりになります。(顔が右を向いている場合は左上がりになります。)


視点がキャラクターの目の位置と同じ高さの場合

視点が描くキャラクターの目の位置と同じ高さの場合は、目をつなぐ線は水平になります。




視点に関する ワンポイント

視点とキャラクターの目の高さを同じにするとキャラクターがこちらを向いている感じが出ます。反面、自然さがなくなってしまいます。いわゆるカメラ目線になってしまします。視線の位置をキャラクターの目の高さからわずかにずらすと、自然な感じで描けます。



基本+

ここからは、目の構造をもう少し詳しく考えて描く方法を紹介します。

漫画絵を描き始めてしばらくいろいろ書いてみると、経験則的に左向きキャラクターを描く場合、目の輪郭は右を下げたアーチ形を描くと自然になることがわかります。どうして右を下げると良いのでしょうか。


今回は目を眼球全体でとらえてみます。眼球の一部分に窓がついていて窓のふちの部分が目の輪郭線になっていると考えます。このモデルを描いたのが下の図です。縦と横の点線が交差する場所が瞳の位置です。


左を向いている場合、球は下の図のようになっています。ここで必要な線を取り出すと右下がりの線が取り出せます。左側が下がらないのは目のふくらみの奥に目じりが隠れてしまっているためです。


伏せ目の例

別の例で伏せ目の場合も考えてみます。目を伏せた場合、目が下を向くため球で表した場合下図になります。上瞼の輪郭は中心の上部が膨らむよりも、むしろ下に下がっています。


伏せ目を描く場合は下図の左のような輪郭になります。右側のように中心部が上に上がる輪郭を描くと顔は下を向いているが眼球は上を見ている絵になるため、上目使いになります。


強く伏せ目にすると、表情も暗くなります。キャラクターの動作としてもあっています。(明るい表情で伏せ目ということはまずないため。)

Tips等

  • 正面からの目は左右を同じ大きさにしなくてはいけないため、バランスを取るのが難しい、わずかに角度つけて書くと書きやすくなる。
登録日 :2011-07-25
最終更新日 :2014-01-20
このページのタグ:[デザイン] [イラスト・漫画]
このエントリーをはてなブックマークに追加
Japanese
プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd.