Andoroidアプリケーションの実機へのインストール (Androidマーケットを利用しない頒布方法)

このページのタグ:[Android]
この記事では、自分でビルドしたAndroidアプリケーションを実機へインストールする方法を紹介します。

今回はこちらで紹介したシンプルなビープ音を鳴らすアプリケーションを実機へインストールします。

apkファイルの取得

Andoridアプリケーションのプロジェクトディレクトリを表示します(下図参照)。プロジェクトディレクトリ内のbinディレクトリ内を表示します。


下図がbinディレクトリの内容です。アプリケーションのビルドに成功していれば、"(アプリケーション名).apk"ファイルがあります。これがAndroidアプリケーションのパッケージファイルです。 apkファイルをWebサーバーに配置します。


Webサーバーの設定

WebサーバーではapkファイルをダウンロードできるようにMIMEタイプを設定します。.apk拡張子に
application/vnd.android.package-archive
を設定します。


実機へのインストール

実機にアプリケーションをインストールします。
WebブラウザでWebサーバーに配置したapkファイルのURLを入力します。


URLにアクセスすると、ダウンロードが始まります。左上に「↓」が表示されアプリケーションのダウンロードがバックグラウンドで実行されます。


通知領域を表示するとapkファイルのダウンロードが完了した旨のメッセージが表示されます。メッセージをタップ(クリック)します。


アプリケーションのインストール許可画面に切り替わります。このアプリケーションに許可する権限の一覧が表示されます。インストールする場合は 画面下部の[インストール]ボタンをタップします。(機種によってはAndroidマーケット以外からダウンロードしたアプリケーションのインストールはブロックする設定になっていることがあります。その場合は設定画面で"未許可のアプリケーションをインストールする"設定に変える必要があります。)


インストールされました。[開く]ボタンをタップするとアプリケーションが起動します。


アプリケーションが起動しました。ボタンをクリックするとビープ音が鳴ります。


アプリケーションの一覧にインストールしたアプリケーションが表示されています。アンインストールも通常のアプリと同じ手順でできます。


WebサーバーのMIMEタイプを設定すれば自分で作ったアプリを簡単にインストールできます。

プライバシー    iPentecについて
iPentec all rights reserverd. (ISDC)